西日本豪雨、復興に向けて(広島県呉市)8月1日

7月31日。県道34号線(矢野~安浦間)が通れるようになったと聞いて、通って見ることにした。
広島国際大学前。7月10日の時から、土砂がめちゃくちゃ無くなってる!最初は言葉を失うくらいの土砂が流れ出ており。道はぬかるみ状態でした。

 

それがこんなにすっきりと~。わー!嬉しい!工場に大量の土砂が入り、黙々と一人で片付けをしていたお父さんに、また声をかけさせてもらった。

途方に暮れていたけれど、地元の商工会が手伝いに入ってくれ、片付けが一気に進んだのだそう。

「何も言わんのに、助けに来てくれて有り難かった」。
お父さんの顔にも笑顔が!

広島国際大学の寮も、もう少しのところで埋まるとこでしたが(上の写真)道が通るようになり、風景のあちこちに復旧しているパワーが感じられて、じわじわ嬉しいです。

そして、これまでは見上げていた県道を34号線から、安浦町字中畑、下垣内地区を見下ろした風景。山から走る茶色い筋、埋もれた田畑、押し流された木や土砂がそのままに。さっきまでの弾んだ気持ちが一気にしぼんでしまいました・・・。まだまだ先は長いです。

風景の動画あり。
https://www.youtube.com/watch?v=tqpYkbAdDZ8&feature=youtu.be

安浦駅裏あたりへ移動。道路の土砂は随分無くなりました。この辺は新しいお家ばかり並んでいますが、そのほぼ全域が浸水しました。
一見片付いたように見えますが、一歩中に入ると、床は泥が上がり、床下にも泥が堆積しています。普通のお家の庭先に似合わない道具が転がる、ここの日常の風景。

ずっと気になっていた「だるま食堂」は、かなり浸水した様子。何もかも泥まみれで、剥がした床の下には、まだ水が溜まっていました。おばちゃんは元気で避難所にいると聞き、「だるま食堂」のおばちゃんに会いに避難所へ。

「ま~、私は元気なんよ。ここにおったら、三食出るしマッサージもしてもらって、保健師さんも来てもらって、ええあんばいなんよ」底抜けの明るさで迎えてくれました。
少し話をすると、「ここでは泣かんのよ。でも店に行ったら涙が勝手に出る。私が万歳する位の所まで水が来て、泥を置いていったんよね。壊すにしても、まだ大変よ~」と、ちょっと元気が無くなった。

「ほでも、私ポジティヴ言うんかいね。ここにおったらカラオケに行けんし、町営住宅を申し込んどるんよ。家が無くなったけ、再婚してもええかもね~~。さっき昼ごはんが美味しかったんよ、夜ご飯も楽しみじゃわ~。」

おばちゃん、私も元気をもらった。有難う。ラーメンが食べられる日が来るかどうかは分からないけれど、おばちゃんがカラオケに行ける日が早く来ますように。

そして、美味しいと評判のメニューを視察しに行くと、調理実習室では良い匂いが~。避難者さんへの今日の炊き出しはグリーンコープさんが担当していました。食材は、全国のグリーンコープ組合員さんからのカンパです。

これまでは地元の人や婦人会などが交代で炊き出しをしていたそう。それぞれが、被災者のことを思い、お互いに出来ることを。

あまり子どもの姿を見ることがなかったので、安浦町の児童会へも行きました。わー!なんだか久しぶりにキャァキャァ賑やかな声が響いています。子どもたちの夏休み、みんな予定が狂ったのだろうなぁ。
家で親は片付けや仕事、きっと気持ちの余裕なんて無い。ここで子どもたちを見ている先生も、仕事をする被災者。

「何か子どもたちに必要なものはありませんか?」と聞いたら、「あります!」とすぐに答えてくれました。
どうぞ、子どもたちに届きますように・・・動きます。

あちこち回って思った事。役所やボランティアセンターには全国から届いた物資が溜まっています。
せっかく届いた支援物資が体育館に積まれ、そのまま保管されています。

「こんな高温の状態で保管したお米は廃棄です」と、届いたお米が捨てられました。ペットフードもしかり。せっかく届いた善意の物資です。

サテライトに物資を取りに行けない人も多く、忙しくて疲れて、それどころじゃ無い被災者。届いた善意を欲しい方に、迅速に届けるにはどうしたら良いのでしょうか。


それぞれ、皆頑張ってる訳で。大義を見つめて、効率良く動ける仕組み。
問題点を考え、変革するチャンスにしてほしい、すべきだと切に願います。

ボランティアさんの受け入れ、被災者のケア、呉の街の活性化の呼びかけ、夏休みの子どもたちへの企画などなど。
今日もぼちぼち、出来ることで動いています。
物流と合わせて、人の流れ、心の流れ、お金の流れ。手放してすっきり流せば流すほど、大きく返ってくるのかな~。


8月1日。
今日は、東京、神戸、大阪から、支援物資のヒヤロンが届きました。有難い!これは、きちんとボランティアさんに届けます。
朝、ニューヨークの友達からもFBのメッセンジャー経由で、支援の手が差し伸べられました。こちらも、がっちり握手。

1日夜は、川尻に水が出る予定。断水25日目。全川尻町民が感動で泣くかもしれません!
2日から、JR呉線は広島坂間が復活。2ヶ月以上予定が早まると言う、驚異の復活に我が家では拍手をしました!

 

関連記事

  1. ☆コンテナがおしゃれなカフェに変身!

  2. 下蒲刈町へ行ってみよう♪〜中国新聞コラボ企画

  3. 呉市 安浦

    なんという日・・・7月17日(西日本豪雨災害)

  4. 呉氏

    ☆「呉氏×カープコラボグッズ」発売!

  5. カレー

    ハナ金カレー部の誕生秘話

  6. 呉市 豪雨災害

  1. 西日本豪雨から〜4ヶ月経ちました

    2018.11.12

  2. 福富町へ〜スドウ雑貨店

    2018.11.08

  3. 下蒲刈町へ行ってみよう♪〜中国新聞コラボ企画

    2018.10.31

  4. やぶの季節がやって来ました〜!

    2018.10.11

  5. 西日本豪雨〜二ヶ月経過。それぞれの復興

    2018.09.20

  1. 西日本豪雨

    満員御礼!【(東京開催)西日本豪雨〜被災地・呉市からの現場レポ…

    2018.07.27

  2. 呉市 安浦

    なんという日・・・7月17日(西日本豪雨災害)

    2018.07.21

  3. 呉市 安浦

    なんというハードな一日

    2018.07.10

  4. ☆黒瀬町で発見!「パティスリーシェ・ハマ」

    2018.05.24

  5. あしあと

    ☆中国語でも呉の魅力を発信!

    2018.05.24

公式facebookページ

Deep Kure(English) 呉情報の英語版

KUREPおすすめリンク