福富町へ〜スドウ雑貨店

呉から車で1時間、東広島市福富町までドライブをしました。長くもなく、短くもなく。ちょっとお出かけするには程よい距離です。

しかしながら、呉市内とは違って広がる田畑や緑が心地よい里山です。

 

福富町には、子供が遊ぶ遊具が充実した人気の道の駅「湖畔の里 福富」があったり、牧場や農園があったり、ちょっとこだわりのレストランやパン屋さんがあったり。
豊かな自然に囲まれた暮らしの中でモノづくりをする人も多く、この田舎暮らしに憧れて移住を志す人も増えるなど、なかなか気になる町なのです。

 

そんな福富町にある「天然素材スドウ雑貨店」を訪ねてみました。
オーナーの周藤翔太さんは、実は呉市出身。以前は呉市内で美容師をしていました。
しかし、奥様の友里那さんが出産をしたのをきっかけに、「環境の良い田舎で子どもを育てたい」と、祖父が福富町に残した家をリフォーム。5年前に家族で福富町に移り住むことにしました。

 

現在、翔太さんは油絵作家、友里那さんは革作家として「天然素材スドウ雑貨店」を営んでいます。小さな店内には、翔太さんの手書きのイラストが素敵な世界で1点しかないTシャツやバック、友里那さんのセンスある革製品、地域の作家さんのクラフト作品が所狭しと並んでいます。
一つ一つに温かみがあり、こだわりのあるハンドクラフト品だけでなく、なんとお店も一年ががりでセルフビルドしたのだそう。



3人の子育てをしながら、日中は創作活動をし、週末は雑貨店を営む日々。
お互いの創作活動を支え合い、生き方も作品も、よりシンプルに、より真っ直ぐに。

「田舎だからこそ、自分の好きなもの、作りたいものがはっきりしてきた」、と笑顔でお互いを見つめ合う周藤ご夫妻。これからも、どんな作品作に出会えるのか、また訪ねてみたくなりました。

「天然素材スドウ雑貨店」

https://www.facebook.com/sudou318/

関連記事

  1. 竹原のイタリア食堂~Trattoria M

  2. 美音異星人

    ☆衝撃&笑撃のアートパフォーマンス

  3. あしあと

    ☆中国語でも呉の魅力を発信!

  4. 「白鴻」

    ☆第6回やすうら蔵まつり

  5. ゴトウイズミ

    ☆ディープな一夜のライブ!

  6. ☆ゴールデンウィーク期間は、音戸の榎酒造さんへ

  1. 焼肉と冷麺、呉(ご)もん

    2019.05.20

  2. ランチもできれば、昼飲みも出来る~「自由軒」

    2019.04.26

  3. 昭和の良さを満喫!「サントス」

    2019.04.20

  4. 安浦町の幸せコロッケ復活!

    2019.03.28

  5. chouchou_espace-シュシュ イースペース(KUREATOR vol.3)

    2019.03.13

  1. 呉グルメマップ(by KUREP)

    2019.01.30

  2. あしあと

    ☆中国語でも呉の魅力を発信!

    2018.05.24

  3. ☆森田食堂の魅力

    2018.05.24

  4. 音戸大橋

    はじめまして!「KUREP」です。

    2018.05.23

公式facebookページ

Deep Kure(English) 呉情報の英語版

KUREPおすすめリンク